ママさん看護師のサポートに力を入れている病院をみつけよう

子供が小学校へ入学するまでは、夜勤を免除してもらうことができます。ナースに限らず、申請すれば午後10時から午前5時までの深夜は免除してもらえるんです。
また、6時間などの時短勤務を認めている病院も増えてきました。
そうは言っても、シングルマザーなどの理由で働き手が自分しかいなければ、積極的に夜勤もこなさなくてはならないでしょう。

 

そんなときには、24時間子供を預かってくれる託児所付きの病院なら安心です。
2交代と3交代勤務を選べる病院のように、ママさん看護師のサポートに力を入れている医療施設も増えています。
そういった環境なら、子供の熱で急に休みたいときにもお互い様なので休みやすいですよね。

 

そんな病院の求人をみつけるためには、地域の情報をもっている求人サイトを利用することが大切です。
ただ託児所があれば良いというわけではありませんよね。何歳まで預けられるのか、どうやって過ごすのか、そしてなによりそこが子供にとって楽しいのかが大事ですよね。
同じくらいの年齢の子が、何人くらい預けられているのかなどを知りたいところ。

 

また、普段は保育園を利用しておいて、いざというときは院内託児所を一時保育的に使うという方法もありますね。
子育て中でも働きやすい職場を見つけて、仕事と育児を両立させましょう。
できるだけ寂しい思いをさせないような環境がみつかるといいですね。

 

潜在看護師の方は、こちらをごらんください。→ブランクから再就職する看護師

2014/04/15 16:38:15 |

小さな子供が熱を出すのは仕方の無いことです。そんなときに職場を休めないとしたら大変です。
ママさんナースの方たちはどう対応しているのでしょうか。

2014/04/15 16:28:15 |

子供が小学校へ入学するまでは、夜勤を免除できることになっています。
そうは言っても、シングルマザーなどの理由で働き手が自分しかいなければ、積極的に夜勤もこなさなくてはならないでしょう。

 

そんなときには、24時間子供を預かってくれる託児所付きの病院なら安心です。
看護師が2交代と3交代勤務を選べる病院のように、ママさん看護師のサポートに力を入れている医療施設も増えています。
そういった環境なら、子供の熱で急に休みたいときにもお互い様なので休みやすいですよね。

 

そんな病院の求人をみつけるためには、地域の情報をもっている求人サイトを利用することが大切です。

2014/04/15 16:24:15 |

仕事と家庭、とくに子育てとの両立に悩む看護師はたくさんいます。シングルマザーや共働きの悩みにどう立ち向かっているのでしょうか。

 

まず大切なのは、育児に対してきちんとした制度のある病院で働くことです。
子供が3歳までは時短勤務ができたり、24時間の託児所がある病院を選ぶということです。

2014/04/15 16:20:15 |

まず、夜勤免除については、労働基準法、育児・介護休業法で定められています。これは看護師に限ったものではありません。

 

妊婦の場合、労働基準法の第66条「妊産婦への時間外労働、休日労働、深夜業の禁止」に、はっきりとこう書かれています。「妊産婦が請求した場合には、時間外労働、休日労働、又は深夜業をさせることはできません。」

2014/04/15 16:13:15 |

育児休暇とは、出産後に育児のために仕事を休める制度で、育児・介護休業法で定められています。正式には育児休業と言って、子供が1歳になるまで休業できるものです。保育所に申し込んでも入れない場合や、やむを得ない事情があれば1歳6ヶ月まで。

 

一年以上雇用されていることや、復帰後も雇用されることが見込まれているなどの条件もあります。