子育てと仕事

母親として、看護師として

仕事と家庭、とくに子育てとの両立に悩む看護師はたくさんいます。シングルマザーや共働きの悩みにどう立ち向かっているのでしょうか。

 

まず大切なのは、育児に対してきちんとした制度のある病院で働くことです。
子供が3歳までは時短勤務ができたり、24時間の託児所がある病院を選ぶということです。

そういう育児支援の整った職場には、他にも多くのママさんナースが勤務しています。そのため、お互いに支え合う雰囲気ができあがっているんです。
例えば、急に休まなくてはならない場合でも、お互い様なので嫌な顔をせずに対応してもらえるでしょう。
もちろんその分、こちらも他の人のピンチには手助けする必要があります。

 

この世に完璧な人間なんていません。全部自分で抱えてしまっていませんか?大変ならご家族に頼りましょう。
頼れる家族が近くにいない場合は、職場を移ることも検討しましょう。
看護師の代わりはいても、お子さんのお母さんの代わりはいません。日勤のみの透析クリニックやデイサービスなどの求人を探してみてもいいでしょう。

 

良く探せば、自分がやりたい分野で、子育てしやすい病院やクリニックがあるかもしれません。転職したら給料がガクッと下がってしまうと決めつけていませんか?
転職サイトのコンサルタントに希望する条件をしっかり伝えて探してもらうのをおすすめします。

 

看護師は転職や復職が比較的容易な職業です。これから何年か、自分が何を優先したいのかをよく考えましょう。
旦那さんや職場とよくコミュニケーションをとってください。