看護師の勤務時間

ママさんナースに人気の勤務形態は?

子供が小学校へ入学するまでは、夜勤を免除できることになっています。
そうは言っても、シングルマザーなどの理由で働き手が自分しかいなければ、積極的に夜勤もこなさなくてはならないでしょう。

 

そんなときには、24時間子供を預かってくれる託児所付きの病院なら安心です。
看護師が2交代と3交代勤務を選べる病院のように、ママさん看護師のサポートに力を入れている医療施設も増えています。
そういった環境なら、子供の熱で急に休みたいときにもお互い様なので休みやすいですよね。

 

そんな病院の求人をみつけるためには、地域の情報をもっている求人サイトを利用することが大切です。

病院の託児所が24時間受け入れてくれる場合なら、夜中のお迎えが必要ない2交代の方がいいという意見がある一方、子供と長時間離れることが不安だという3交代派の人も。
ご家族のサポートがどのくらいあるのかによっても、変わってくるでしょう。

 

2交代の方が人気が高い

まず、夜勤の回数で考えると、3交代は月に8〜10回、2交代なら月に4〜5回が多いと思います。
勤務時間の短い3交代の方が、子供との時間がとれていいと思うかも知れません。でも、実際のシフトは、「日勤深夜」や「準夜日勤」が当たり前というところも多いです。家に帰ったと思ったら、数時間したらすぐに出勤。これではなかなか身体も休まりません。日勤で残業しなくてはならない場合はもっと大変です。
しっかりと仮眠がとれるなら、16時間勤務でも2交代の方がいいというナースも多いのは納得です。2交代なら日勤深夜が無いので、子持ちナースには好評です。夜勤後は連休になることも多く、家族との時間もとれます。
ただ、そもそも仮眠室やベッドが用意されていないという病院もあるようなので、前もって調べておきましょう。

 

どちらかを選べる病院も

例えば、三重県の鈴鹿回生病院では2交代制と3交代制を選ぶことが出来ます。院内24時間の保育所や寮も完備しているなど、ママさんナースでも安心して働ける環境を用意することで、看護師不足を解消しようとしている病院も増えています。
そういった病院では、産休・育休もとりやすいので、次にお子様が増えても安心して働き続けることができますね。

 

仮眠はしっかりとれるのか、シフトに余裕はあるか、そういった情報は個人ではなかなか集められません。
看護師の転職サイトに登録して、情報を持っているコンサルタントに相談しましょう。